学資保険は資産扱いになる

保護申請と学資保険

bing

保険金の据え置きの情報

HOME | SITEMAP

トップ » 学資保険は資産扱いになる

新着情報

守りたい学資保険と子供の将来

長期にわたる不況と、追い打ちをかけるような金融危機の余波により生活保護を受ける家庭も増えていると言います。保護対象となるには、本当に資産の保有はないかが調査されます。申請時に学資保険などの生保に加入していた場合は解約ののち、その払戻金で食いつなげるうちは保護対象とは認められません。また、当然この場合は満期ではありませんので元本割れしてしまいます。のちに加入し直そうと思っても、自身や子供の年齢が高くなっていると不可能な場合もあるでしょう。学資保険には積立金を担保に貸付が可能なプランもあります。子供の将来を潰さないようにもなるべく生活保護は避けたいですね。

生活保護と教育資金準備

近年生活保護の不正受給がつぎつぎと発覚し、本当にどうしようもなくて受給している家庭も疑惑の目で見られるような風潮があります。本来は日本国民の生活を守る最終的なセーフティーネットなのです。苦しいながらも子供を思い学資保険への加入を考える方もいらっしゃるでしょう。親心としては当然だとおもいます。しかし、保護申請時に加入していると資産と見なされてしまいます。解約して払戻金を生活費に当てれば保護がなくてもしばらく暮らせるだろうということです。学資保険の加入検討をするような若い層で申請をする人もあまりいないでしょうが、万が一に備えて覚えておいても良いでしょう。

© Copyright 保険金給付をもっとお得に. All rights reserved.