学資保険で節税対策を

学資保険と控除範囲

bing

保険金の据え置きの情報

HOME | SITEMAP

トップ » 学資保険で節税対策を

新着情報

学資保険は所得税控除対象です

学資保険は所得税控除の対象ですので節税のためにもなります。このようなセールストークを受けたなら、少し考える必要があります。所得税控除というのは、1年間に支払った所得税を年末に再調整するときに、生命・医療保険や個人年金、地震保障また寄付金などを経費として所得から控除することを言います。それによって払いすぎた所得税が還付されます。学資保障も確かに一般生保の区分で所得税控除の対象になりますが、控除額には上限がありますので、殆どのご家庭では、生命医療保険だけで上限を超えているのではないでしょうか。その場合は税金還付の意味は無くなります。

節税と貯蓄で一石二鳥

子どもの進学のために、しっかりと資金は備えておきたいです。毎月少しずつ貯蓄するのも良いですが、学資保険を活用するのも有効な手段です。掛金として一旦は出ていくものの、祝い金や満期学資金等として、子どもの年齢に合わせて給付金を受け取ることができるので、貯蓄性があるともいえます。また、学資保障の掛金は年末調整の際に、保険料控除を受けることができます。そのため、子どもの進学資金を貯蓄できると同時に、節税にもなる。一石二鳥です。子どもの成長には、手だけでなくお金もかかります。うまく活用して、子どもの成長を支えたいものです。

© Copyright 保険金給付をもっとお得に. All rights reserved.