学資保険の特長を知ろう

学資保険と給付金

bing

保険金の据え置きの情報

HOME | SITEMAP

トップ » 学資保険の特長を知ろう

新着情報

学資保険に付ける特約

学資保険は、各生保会社に用意されています。一般的に配当金が支払われることは比較的少ないですが、学資保障は子供の成長に伴い節目節目で支払われます。義務教育の間は公立小中校の場合はまず使うことはないので据え置きで貯めておけば高校、大学と進学する際にまとまったお金が必要となった場合に助かります。また小学校入学、中学校入学の際のプレゼントなども嬉しいですね。契約期間は18歳若しくは22歳が満期となります。さらには生命保障を付ければ、もしもの病気の場合にも助かります。ただ他の保険で足りている場合もあるのでよく確認する必要があります。

その特徴をよく理解して加入を

学資保険に加入することを検討する多くの場合は、大学進学費用の準備と、親に万が一のことがあった時の両方に備えると言う気持ちであろうと思います。しかし、万能な保障ではありませんから、その特徴と一般的な生保との違いをよく理解したうえで加入するかどうかを決定することが必要です。学資保険の特徴は、働いている親が契約者となって、その子供が補償対象者となることです。そうすることで、掛け金が安く設定されています。契約者に万一のことがあった場合には、それ以降の掛け金は免除されますが、設定されている学資一時金や満期金は全額受け取ることができるようになっています。

© Copyright 保険金給付をもっとお得に. All rights reserved.